ただいまこちらのセミナーは休止しております。
ご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

集団討論の対策は理論学習と練習に尽きる
最近はほとんどの自治体で集団討論を試験の内容に採用しています。この試験が苦手な人は多いようです。討論する機会というのはなかなかないですからね。では、一対一の面接とは別になぜ集団討論をするのでしょう。それは、一度に多人数の「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」「コンセプチュアルスキル」を確認できるからと考えています。集団討論は、そのスキルを発揮できるかどうかが鍵となります。
面接官は何を見ているかを理解することが重要
専門知識の「テクニカルスキル」
人間関係を構築する「ヒューマンスキル」
問題解決力の「コンセプチュアルスキル」
仕事のスキルはこの3つの要素でなりたっています。面接官はそのスキルをもっているか、を集団討論の中で確認しています。ヒューマンスキルではコミュニケーション能力や協調性・リーダーシップ・主体性・積極性が問われます。コンセプチュアルスキルでは論理性が求められます。
知っているだけで大きな違い 集団討論の攻略法
当講座では、面接官の視点からそれぞれのスキルの発揮ポイントをレクチャーし、何度も練習を重ねます。その結果、自然体での集団討論を可能にします。
7時間のセミナーのなかで、7回集団討論の練習を行います。二回目のセミナーは無料で参加できますので、集団討論の練習は最大14回可能です。4名以上で随時開催します。

content_seminar_moushikomi_banner