面接対策として、台本を作って臨んだ方がいいのでしょうか?

台本ではなく「会話」をしよう。
台本は作らないほうが、上手くいくことが多いです。
台本を作るということは、その中身のセリフを覚えておくということにつながります。
上手くいけば良いのですが、想定外の質問をされた時、逆に、適切な言葉が出てこなくてかえってパニックに陥りやすくなります。

「書き言葉」と「話し言葉」は違う。
台本のセリフは、所詮、暗記したのに過ぎません。面接官は十人十色で、しかも「面接のプロ」です。
作って行ってもすぐばれます。それよりも自分の言葉で話す方が、よほど相手に気持ちが伝わると思います。

面接には流れというものがある。
あなたと面接官とは「会話」を通して、あなたの人間性を知ってもらう場です。
たとえ台本のセリフが上手く言えたとしても、内容が相手である面接官に満足感を与えられなければ意味がありません。