面接官の共感を得るには、どういう手法を取ったらいいですか?

スキルや手法ではなく、気持ち(マインド)が重要です
面接官は「面接のプロ」です。
どんな「面接攻略本」でテクニックを身につけたとしても、彼らの上をいくことは難しいと思います。
自分のコア(核となる考え方)を持つこと。
「自分の理念」、「理想像」「志望動機」がしっかりしていることが必要です。
前にも述べたとおり、面接は「受験者の人柄を探る」ことを目的としています。
「仕事仲間」として、「将来、一緒に仕事をして行きたい人材かどうか」を知りたいのです。
面接官の共感を得るために、最も重要なことは…
あなたが、「私はこういう理由で、ここで働きたい。」「私はこういう能力があり、この職場で活躍できる。貢献意欲がある。」という、「情熱(熱意)」が重要です。
この部分に関しては、スキルや手法ではなく、気持ち(マインド)が面接官に共感を与えるのです。