面接でよく聞かれる質問に対応できれば大丈夫ですか?

面接官からの質問は、鉄板質問だけとは限りません。
個々で、より多くの質問回答を準備しておくことが大切です。
面接とは、「人柄を探るための試験」と言えます。
人にはそれぞれ異なった個性があり、異なった良さがあります。
これらを知りたいために、面接を行うのです。

自分の「長所・短所」は何かを考えておく
あなた自身が持っている「長所は何か?」「短所は何か?」を日頃から考え、自覚することで、とっさの質問に対してパニックになったり、頭の中が真っ白になる可能性が少なくなります。

「自分の強み」を意識することが大事
他人と比べて、これだけは負けない自信があるというものを自覚する。
一番でなくても良いので、いつもこれを意識して行動することがポイントです。
「自分の強み」は、勉強やスポーツでなくてもいいんです。
例えば、「キャベツの千切りだったら負けない」とか・・・なぜならキャベツの千切りは練習しなければ出来ないことだからです。
これこそ努力の賜物です。➡「これまでに頑張ったこと」です。
それは面接でも当てはまります。