就職面接で、「自己PR」を上手に行なうには、どうしたら良いですか?

「エピソードを具体的に、熱く語る!」ことです
 「自己PR」は、自信が今までにやってきた体験談を具体的に話すことです。例えば、「自分は大学時代に、~というスポーツで、~のような努力をし、結果、~の大会で~まで勝ち進むことが出来ました。」など、自分自身が「がんばったこと」を話せば良いのです。ただ「頑張った」では、相手の面接官には響きません。「熱意」を伝えることです。