人と話すのが苦手で、面接に自信が持てません。どうしたら克服できますか?

克服のために日々の行動規範を改めてみよう。
人には各々の性格があり、得手不得手はあります。
短期間で克服することは難しいと思いますが、克服するには、日々の行動規範を改める必要があると考えます。

人と話すのが苦手の要因
ひとつに「気が弱い」という性格的な部分があります。
これを克服するには、どんな内容でも良いから、勇気を出して周囲の人たちと会話をしてみることです。
例えば、朝、近所の人に会ったら、「おはようございます。」だけではなく、「おはようございます。良い天気ですね。」など、言葉を少しづつ増やしていくことを、毎日、欠かさず続けることで、会話に慣れていきます。
気が付いたら他人と普通に「おしゃべり」ができていることになると思います。

正しい日本語の習得
日頃から正しい日本語を身につけるのは大事なことです。
「若者言葉ではなく、正しい 日本語を使うことに慣れる」ことは大切なことで、これが普通にできれば、面接の時に楽に話ができるようになります。(いつもどおりに話せば良いのですから!)
ただし毎日の練習が必要です。急にできるようになることは、まずないと思います。