コミュニケーション能力を身につけるにはどうすればいいですか?

「会話のキャッチボール」の繰り返しが必要です。
コミュニケーションとは、言葉や表情を使って、感情や意志、情報などを伝えることです。
ただ単に「言葉の伝達」ではなく、「自分の気持ちを相手に伝える」ことです。
「相手の立場に立って話す」「話し手の目を見る(アイコンタクト)」「名前を呼んで挨拶をする」などを実行することで、相手の良い反応が返ってきます。
この事を繰り返すだけで、コミュニケーションに自信が持てるようになります。 

必要不可欠なコミュニケーション能力
ヒューマンスキルの要素として、「リーダーシップ」、「ファシリテーション」、「コーチング」、「プレゼンテーション」、「交渉力」、「調整力」、「コミュニケーション」などのスキルがあります。その中でも、最も必要不可欠なのが、「コミュニケーション能力」と言えます。
コミュニケーションという「会話のキャッチボール」を繰り返すことで、相手の考え方だけにとどまらず、相手の心まで知ることもできるものです。