どうしても自信がもてません。どうしたらいいですか?

本番まで模擬面接を繰り返し練習しウィークポイントを修正しよう!
面接は本番までの準備が大事です。
模擬面接を繰り返し練習することで、ウィークポイントを修正でき、精度の高いスキルが身に付きます。
結果として自分に自信が持てるようになり、平常心で面接に臨めるようになります。

「まな板の上の鯉」の心境になれば良い。
良い意味での「開き直り」が大切!面接試験においては、どのような状況下にあっても、「あなたは審査される側」であることに変わりはありません。つまり一喜一憂したところで、どうにもならないのです。

「正しい日本語」を身につける。
日常生活の中で、正しい言葉使いをするように心がけることが大事です。
具体的には、友達と会話をするときの言葉使いと、学校の先生と会話をするときの言葉遣いを区別することも大切です。
本当にあった例ですが、面接官の質問に「それは言えてる!」と答えてしまって落ちた人がいました。
言葉は習慣的なものなので、日頃から正しい言葉使いに慣れておかないと、こういう失敗が起こります。

「コミュニケーション能力」を探る。
面接官は受験者が「仕事仲間」として、「将来、一緒に働きたいかどうか」を知るために、面接を実施します。
ここでポイントとなるのが「キチンとしたコミュニケーション」が取れるかどうかです。
あなたがやらなければいけないことは、面接官の質問の意図を汲んで答えることだけです。