あがり症を治すには、どのようにすれば良いですか?

あがり症を必要以上に、意識過剰に捉えることはありません。
「あがり症」は一種の習性のようなもので、生き物なら皆が持っていると考えられます。
自身を「あがり症」と捉える人は、他人より少しだけ繊細な神経を持ち備えているだけです。
このことは、見方を変えれば相手(例えば面接官)を察知できる能力に優れているわけです。
 この点を自身の「ストロングポイント」と考えれば良いのです。