「就職面接」に、自信をもって臨むには、どうしたら良いですか?

「自信を持つポイントは?」・・・どのようにして自信につなげるか!ということです
日常生活の中で、何でも良いので「キッカケ」をつくることが、最初のステップだと考えます。
「自分自身の小さな成功例(実績)」を作り、それを体感する事が大事です。
「就職面接」とは、直接、関係が無いように思われるかも知れませんが、スポーツの試合で、例えば、野球の選手なら、「バットを振らなければボールは当たらない」、ただし正しいスウィング(正しい情報のもと)をして、結果としてヒットが打てるのです。
例えば、バスケットボールの選手なら、「シュートを放たなければ、ゴールは生まれない」、ただし正しいスローイング(正しい情報のもと)をして、結果として得点につながるのです。
 「就職面接」でも同じで、「面接官と会話(コミュニケーション)ができなければ、先に進まない」、ただし正しい日本語を使って、礼儀正しい態度で接する」・・・そうすることで面接官は、あなたを認めてくれる。結果として合格する➡「内定」がもらえる。
 *すべてのことに言えることですが、「本番」では上手くなれません。上手くなるには、「練習の場」でしかできません。このことをいつも肝に銘
  じておくことが大事です。